注目企業

台湾で自社開発の治具と金型の新技術の販路開拓

check

株式会社フレックラム( FLECLAM.CO.,LTD )

http://www.fleclam.com

代表取締役社長

西村 永吉

「日台産業協力架け橋プロジェクト」参加目的や成果

スピーディーに組み立てができる治具システムメーカーのフレックラムは、2018TAIROS展に続き、.2019年のTaipei Automation展(台北国際工業自動化展)の日本台湾交流協会のブースにも出展し、台湾初公開となる金型の新技術を発表しました。

PR内容

同社の取り扱いが簡単な治具を使うことで、より高度な加工が可能になります。
また、専用の金型を一般の機械式油圧式プレス機に使用して行うバリ無し穴あけは、新たな機械を導入する必要もなく、製品性能が向上する上、コストダウンがはかれる多くのメリットがあります。
製品は、直接又は商社経由で販売しており、航空機エンジン・自動車・重機等の切削治具・検査治具・溶接治具・ワイヤーカット治具として使用されています

企業イメージ写真

P-20190904-3642
同社代表取締役の西村永吉氏によると、主力製品である治具は日本国内で専門通販サイトでも広く販売され、大手メーカーでも多く利用されており、また、このたび新たに発表した、製品開発期間の短縮と金型製作のコストダウンを実現する金型技術についても、台湾での顧客開拓を希望しているそうです。
登録日: 2019/11/06

詳細内容を閲覧したい方はログインしてください。

Web会員登録をされると詳細内容が閲覧できるようになります。

↑