<締切迫る>台湾知財セミナー~台湾智慧財産法院における知財関連裁判の動向~(11/13 大阪・11/14 東京)

<締切迫る>台湾知財セミナー~台湾智慧財産法院における知財関連裁判の動向~(11/13 大阪・11/14 東京)

2019.11.05

日本台湾交流協会では、台湾進出企業が台湾において知的財産活動を行う上で役立つ情報を紹介すべく、台湾から智慧財産法院の汪漢卿・法廷長らを講師にお招きし、台湾知財セミナーを開催いたします。
台湾では 2008年に知財事件を専門に扱う「智慧財産法院」が創設され、その間、多く知財事件が判示されてきました。
今回は、
●台湾での知財紛争解決ため制度基礎、日本との違い
●台湾における知財事件の判例動向
●制度改正の最新情報など、
日系企業が台湾で知財戦略を構築する際の基礎をご講演いただきます。
万が一、知財紛争に巻き込まれたとき慌てず有利に対処するための知識を深める絶好の機会です。
皆様のご参加をお待ちしております。

◆日時・会場:
【大阪】11月13日(水)13:30~16:30(受付開始13:00)
  大阪マルビル 大阪第一ホテル6F ランスロット(大阪市北区梅田1-9-20)
【東京】11月14日(木)14:00~17:00(受付開始13:30)
  ベルサール六本木コンファレンスセンター RoomⅠ(東京都港区六本木3-2-1住友不動産六本木グランドタワー9F)
◆参加費:無料
◆詳細情報及び申込方法:以下のURLからご確認ください。(申込締切:11月8日)
 https://www.koryu.or.jp/news/?itemid=1298&dispmid=5287

◆主催・問合せ先:
 公益財団法人日本台湾交流協会 貿易経済部 遠藤
 TEL:03-5573-2600(ex.32)

※大阪・東京会場ともに講演内容は同じです。
※受講票はお渡しいたしません。当日受付で御名刺を頂戴いたします。

↑